性器ヘルペスと違い、悪臭に特徴があるトリコモナス症状

性感染症の中に性器ヘルペスとトリコモナスがあります。性器ヘルペスは性器に赤いブツブtや水膨れ、ただれなどの症状が現れますが、トリコモナスは女性では、悪臭のする黄緑色のおりものや性器の痒みや痛み、男性の場合では、尿道からの膿や女性と同様に、性器の痒みや痛みなどの自覚症状があります。2つの病気の原因には大きな違いがあり、性器ヘルペスがヘルペスウイルスにる発症であるのに対し、トリコモナスは、菌やウイルスではなく、原虫の一種によって引き起こされるということです。また、性器ヘルペスが自然治癒する場合があるのに対し、トリコモナスでは自然治癒はしないという違いもあります。
トリコモナスの原虫は、0.01~0.025mmぐらいの大きさであるため肉眼では確認することはできませんが、微生物の一種であることが知られており、ウイルスなどに比べればはるかに大きなものです。トリコモナスはオリモノに症状が現れる人も多く、その量や悪臭を感じた場合には、まず疑う必要があります。症状には他にも、性器の痒みや不快感、また、排尿時やセックスのときの不快感や痛みがあり、5~6割の人が、オリモノが多くなったことを感じています。また、悪臭に関しても独特の臭いがあり、具体的には魚が腐ったような生臭い臭いがします。通常、膣内は乳酸桿菌と呼ばれる乳酸菌によって守られていますが、トリコモナス菌が増殖をすることにより、この乳酸菌が減少をします。そのために、普段、存在しない菌も増殖をしてしまい、炎症の原因になります。そして、大量に増えた場合に悪臭を伴ってきます。
トリコモナスは高い感染力があることでも知られており、性病の中では症状が軽いタイプであるものの、罹患をしてしまうと厄介な病気です。症状に不安を覚えた場合には、速やかに専門の医療施設での診断を受ける必要があります。